いろいろと異なるエアコン取り付け料金

Pocket

エアコン取り付けは、なにか決まった料金設定があるわけではありません。これが混乱のもとになってくる部分ではありますが、相場的にも一律ではないことを理解しておかなければいけないでしょう。エアコン取り付けを依頼した時にも、どうしてこの料金になるのか、うまく理解できずに終わってしまうことも少なくありません。しっかりと説明してくれるような業者に依頼するということも判断基準のひとつになってきます。

エアコン取り付けの料金の目安

業者エアコン取り付け工事の場合、料金の目安になってくるのは、時期によって異なりますが8000円から16000円程度といわれています。これは、場所によっても異なりますし、業者によっても決まりがあるわけではないからです。ですが、相場としてはこの程度で考えていいでしょう。実際に1人で作業をすることになるわけですから、工事費1人工としての計算ともいえます。作業時間に対して高く見えるのは、消耗品や工具も含まれているからです。

基本的な料金設定といえますが、状態によっては追加料金が発生することになるでしょう。これが相場よりも高くなってしまう部分であり、注意しておかなければいけないところになっていきます。室外機の設置場所によっても変わってきますし、室内機の設置場所によっても大きく変わります。補強ができていない場所に取り付けるとなると、追加費用が必要になってしまうのです。

エアコン取り付け工事の逆で、取り外し工事も必要なことがあるでしょう。引越しの時などに必要になってきます。相場としては、4000円から6000円程度が相場といえますが、設置場所などによっても変わってくるでしょう。エアコン取り付けでは問題になることも、取り外しでは問題にならないため、料金的に変化は少ないといえます。料金的なことを考えると、引越しの時はオプションで依頼してしまうのも手でしょう。

こうして取り外しても、エアコン取り付け工事をしなければ使えません。電気工事士の有資格者でなければ取り付けることができないため、専門業者に依頼することになります。元の場所で取り付けができていても、新しい場所で取り付けられるとは限りません。どうしても追加料金が発生することも出てくるため、注意が必要になるでしょう。

料金はどこに依頼するかで変わってくる

エアコン取り付け工事は、どこに依頼するのかによって料金が変わってきます。家電量販店に依頼した場合には、エアコン本体に工事費が含まれていることが一般的です。室外機との接続に必要な配管工事も4mをひとつの基準として含まれていますが、これを超えるような場所に取り付けなければいけないときには、追加料金が必要です。一番発生しやすいのは、専用回路への接続でしょう。コンセントが専用のものとなりますが、ついていない場合には、増設工事をしなければいけなくなるからです。

家電量販店で依頼をする場合、安く上がりそうですが、購入費用にどこまで含まれているのか、現状を説明しても見積もりに反映されないことも出てきます。店員がエアコン取り付けに対する知識があるとは限らないため、現状を理解できないこともあるからです。どうしても追加料金が発生してしまい、料金的な違いが出てしまう大きな要因ともいえるでしょう。

対面でしっかりと話ができるのが、エアコン取り付けをおこなえる電気店でしょう。料金的には家電量販店よりも高いことがありますが、現状をはっきりと伝えやすく、料金の齟齬が出にくいのが特徴です。かなり安く設定しているところもあるため、メリットは大きい選択ともなってきます。のちのちのことを含めて信頼関係も築きやすくなってくることから、有効な方法といえるでしょう。