マンションで起きるエアコン取り付けの制約

Pocket

マンションのような集合住宅であっても、エアコンは必須の設備です。住居が密集しているからこそ、室温も上がりやすくなることも出てきます。夏場の問題を考えても、エアコンはあって当たり前の部分があるでしょう。しかし、マンションという構造だからこそ、エアコン取り付けは考えておかなければいけない注意点がいろいろとあります。間違ってしまうと、効率よく使えないどころか、近隣トラブルのもとになってしまうことも出てくるからです。

室外機の取り付けの問題

室外機マンションでのエアコン取り付けの場合、一体どこに取り付けるのかということが重要になってきます。室外機を置くことができるかどうかというところからスタートしていかなければいけませんが、共用部分には設置ができないケースも出てきます。そうなると、室内機との配管がうまくいかないようなことも出てくることが懸念されます。設計の段階から専用のポーチがつけられているようなときには、こうした問題もクリアできる可能性があるでしょう。

特に問題になってくるのは、廊下側にある部屋や中央にあるような場合です。こうした部屋は、壁面に穴を開けても室外機を置くスペースが取れません。かなりの距離を取ることが必要になってくるため、どうしても取り付けに問題が出てくるようになります。こうした構造も、共有部分が存在してくるマンション特有の問題点といってもいいでしょう。実際に室外機の設置ができなければ、室内機も取り付けられません。共有通路側などでは、一体型のウィンドエアコンを取り付けるという対処方法もあります。

マンションに起こる制約

マンション特有の問題点ともいえますが、エアコン取り付け方法としては、隠蔽配管にする方法があります。室外機を近い位置に置くことができないような場合には、室内リフォームに合わせて加工することも可能です。遠距離になってきますが、バルコニー側に室外機を置きながらも、配管を見せないようにすることによって、不自然な形にしないで済みます。非常に長い配管を作り上げなければならなくなるため、一般の家電量販店などでは工事ができないようなことがあります。

リフォームと同時におこなうことも出てくるのは、非常に大きな造作になるからです。途中の部屋を経由しながら配管を伸ばしていくため、化粧カバーを取り付けながらも、不自然な状態を作り上げないようにしていきます。この場合でも、室内には削孔してスリーブを取り付けていかなければいけません。押し入れなども利用しながら配管を進めていきますが、それでも勝手に削孔はできないため、許可を取る必要が出てきます。

外壁的な問題もあります。マンションは、外壁に穴をあけるときには大きな問題が生じることが出てきます。躯体構造的に、強度を落としてしまう可能性が出てくるからです。こうなると、隠蔽配管にするとしても、ベランダ側にある室外機に接続することができません。スリーブ管が設置されているときには、これを利用しながら配管を取り回し、他の部屋に伸ばしていける可能性は出てきます。スリーブ管の位置によっては、室外機をつりさげるといったことも考えなければいけません。

マンションでのエアコン取り付けは、いろいろな制限がついてきます。加工ができない条件がいろいろとあるため、簡単に取り付けられないケースがあるでしょう。便利そうに見えて、実は多くの制限がついてくることもあります。特に構造的な加工に関して言えば、多くの問題を抱えることになるのです。エアコンは当たり前といわれる時代ではありますが、部屋の配置によっては不便なことも増えるのは、理解しておかなければいけないポイントになるでしょう。